モラルハラスメント(モラハラ)


モラルハラスメントとは、肉体的な暴力とは違い、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力のことです。モラルハラスメントは、目に見えにくいため、周囲だけでなく、ご自身では被害を受けていることに気付かない場合が多いのです。

モラハラへのプロセス


モラハラは殴ったり蹴ったりする暴力とは違って、その進行プロセスも、目に見えにくいものです。

まず、加害者は、自身の魅力によって、被害者を惹きつけます。
その上で、相手が自分のことを好きになったことを確認してから、嫌味、皮肉、口調、態度などによって、被害者の考えや行動を支配
しようとします。

目には見えない
「心」を、傷つけていく
のです。
そして、被害者が自立しようとすると、中傷や罵倒などの精神的な暴力をふるうようになります。

人の「心」、「思考」、「行動」、すべてをまるで自分のもののように操ろう
とします。
 

モラハラ被害の特徴


モラハラ被害の特徴として、被害者が被害に気づかないどころか、原因は自分にあるのではないか?自分が悪いのではないか?とすら思ってしまい、より苦しんでしまうことが挙げられます。

自分が至らないから悪いのではないか・・・


自分さえ我慢していればうまくいくのではないか・・・

自分のせいで相手をモラハラ加害者にしてしまっているのではないか・・・

と、被害者の方は悩まれます。
もうすでに、たくさん傷ついているのにも関わらず、まだご自身を苦しめてしまうのです。

当事務所にご相談に来られる方の中にも、モラハラの被害者が多くいらっしゃいますが、相談に来られて、初めて自分が被害者であることに気付かれる場合も多いのです。
 

モラルハラスメントはどんどんエスカレートしていきます。
そして、モラルハラスメントが治る可能性はとても低いのです。

 
 

「おかしいな」「モラハラかも」と思ったら、一人で悩まず、まずはご相談を


モラハラの被害者は、まずは自分が被害者だということに気付くことが重要です。

とは言え、ご自身が被害者だと気付くことは難しいのが実情です。

相手の行動、言動に恐怖感を覚えたり、ご自身が訳もなく自分を責めてしまったりした時には、お気軽に当事務所にご相談ください。

身近な方(ご友人や、ご家族)には打ち明けられないこともおありだと思います。
まずは、第三者に話しを聞いてもらい客観的視点からご自身を見つめ直すことが、モラハラの被害から抜け出すきっかけになることと思います。

目に見えない暴力で、被害者が受けた苦しみや心の傷は、計りしれないものです。

当事務所では、弁護士はじめ所員一同が、モラハラで悩まれている方々の気持ちをより深く理解するよう努めるとともに、1日も早くモラハラの苦しみから抜け出し、笑顔を取り戻されますように、全力でサポート致します。

モラルハラスメントによる被害は、法律相談と同時に、カウンセリングをおすすめ
します。


06.jpg


法律事務所リベロは、悩まれている方を、いつでも暖かくお迎えします。
お気軽にご相談にいらしてください。


 

モラハラについて

無題0001.png モラハラで悩まれている方 無題0001.png モラルハラスメント(モラハラ)について


 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット