離婚協議・調停・裁判の代理人活動

対象

協議離婚調停離婚裁判離婚について、弁護士に代理人として依頼したい


内容

1)弁護士を代理人として、協議・調停・裁判を進める方法です。
   相手との連絡窓口が弁護士になりますので、
離婚問題について話し合うストレスから解放されます。
   相手方との連絡や交渉は全て、弁護士があなたの代理人として行います。

2)あなたの事情をよく理解した上で、これを整理し、あなたの立場を代弁し、主張し、裁判所に理解を求めるよう努めます。
  主張すべきことはしっかりと主張し、但し、いたずらに長く闘ってあなたに不要な精神的負担をかけないように、最適な解決に努めます。

 

費用

着手金
  30万円~50万円+消費税


報酬金

  30万円~50万円+消費税

※経済的利益(慰謝料,財産分与,養育費等)がある場合の弁護士費用は,上記金額に,経済的利益に基づき計算した金額が加算されます。

※親権について争いがある場合,保全処分等を行う場合の弁護士費用は,上記以外に,弁護士費用が加算されます。

※協議から調停,調停から審判・裁判等に別々の手続きに移行する際には,別途,追加料金が発生致します。

※業務量,困難度,所用時間によっては,上記以外に,弁護士費用が加算される場合がございます。

※実費は,上記金額とは別に,発生致します。

※弁護士費用につきましては,事件のご依頼を受ける際に,詳しくご説明致します。
 

 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット