不貞行為(浮気)

不貞行為とは、配偶者のある者が、配偶者以外の異性と性交渉をもつことです。

「不貞行為」は、家庭裁判所における離婚申し立ての理由の2番目に多いものです。


不貞行為が離婚原因として認められるためには?

証拠の存在

不貞行為が原因で離婚をしたい時は、証拠が必要となります。
証拠が不十分でも、離婚は認められることはありますが、慰謝料や財産分与の交渉を有利に進めるためにも証拠はあった方がよいでしょう。

 
但し、夫と女性との肉体関係を示す証拠はないが、2人の交際状況から判断して離婚を認めたケースがあります。

不貞の証明ができなくても、夫婦としての信頼が維持できないよう行為があれば、
「婚姻を継続しがたい重大な事由
があるとして、離婚が認められることがありま
す。


有利な証拠となり得るものの例
 ・浮気相手と一緒に写っている写真やビデオ
 ・調査会社の報告書
 ・携帯電話・パソコンのメール
 ・ホテルなどの領収書、浮気相手へのプレゼントの領収書
 ・夫の手帳
 ・妻の日記


不貞の程度

不貞は1回でも成立しますが、訴訟に登場するケースでは、継続的な性関係にある場合が多いように思われます。

また、復元の可能性がある場合や、離婚請求する側に婚姻破綻の責任がある場合、子供のために好ましくない場合に認められないこともあります。

不貞行為が離婚原因として認められるためには、証拠の存在は重要ですが、焦って、いきなり探偵に依頼するのは控えたほう良いでしょう。


まずは、弁護士に相談して、どのように対応するのが良いかを確認してください。

 

離婚の理由についてはこちらをご覧ください

無題0001.png裁判離婚5つの理由 無題0001.png不貞行為  
     

 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット