• HOME
  • 裁判離婚の5つの離婚事由

離婚の事由

裁判離婚の項でも述べましたが、裁判離婚の場合、
下記の5項目に該当する離婚原因があれば離婚が認められます。


配偶者に不貞な行為があった時
不貞行為とは、配偶者以外の者との性交渉のことを指します。

配偶者から悪意で遺棄された時
協力・扶助・同居といった夫婦間の義務を、故意に果たさない行為の事です。
夫婦の一方が、配偶者や子供を捨てて家出して、生活費を渡さなかったり、相手方を虐待するなどして追い出し、帰ることが出来ないようにした場合などがこれに該当します。
jiyuu550001.jpg

配偶者の生死が三年以上明らかでない時
3年以上に渡り配偶者からの連絡が途絶えて、生死も不明な場合です。
7年以上の場合には家庭裁判所に失踪宣告を申し立てる事が出来ます。
確定すると配偶者は死亡したものとみなされ離婚が成立します。

配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない時

医師の診断やそれまでの介護や看護の状況、離婚後の配偶者の治療や生活などを含んで裁判官が判断します。

その他婚姻を継続しがたい重大な事由のある時
性格の不一致・配偶者の親族とのトラブル・多額の借金・家庭内暴力(DV)・ギャンブルや浪費癖・性交渉の拒否・犯罪による長期懲役などがこれに該当します。

 

離婚が成立するか? 

下記の典型的な理由について、離婚を申立てて離婚が成立するかをそれぞれ判例に照らして考えると次のようになります。

 

性格の不一致

性格の不一致は、男性側からも女性側からも非常に多い離婚の申立て動機・原因です。
しかし、裁判離婚では、性格が合わないということだけで、
離婚が簡単に成立するとは限りません

性格の不一致と合わせて様々なトラブルが積み重なり、婚姻が破綻している場合は離婚が認められるケースもあります。


不貞行為(浮気)

相手方も離婚の意思を表明している場合には、問題なく認められます。
相手方が拒否した場合には、異性関係の存在を証明する必要が生じます。


暴力(DV)

同居に耐え難い暴力により婚姻が破綻した場合には、離婚することができます。
女性側からの申立では、暴力を原因とするものが多く、妻に対する暴力は想像以上に多いように思われます。

ここでいう暴力には、殴る蹴るなどの身体的な暴力だけでなく、脅し・威嚇などの精神的暴力、性的暴力も含まれます


借金等の経済的問題

不必要にブランド品を購入したり、ギャンブルに大金をつぎ込んだり、サラ金から借金を重ねるなどの浪費行為が、度が過ぎて、回復の見込みがないような場合には、離婚が認められる可能性があります。


尚、個別のケースにおいて、裁判で離婚事由として認められそうかどうかは、弁護士にご相談下さい。


 

離婚の理由についてはこちらをご覧ください

無題0001.png裁判離婚5つの理由 無題0001.png不貞行為  
     

 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット