夫の元から子供を連れ戻したい場合

別居中、夫に子供を連れ去られたような場合には、家庭裁判所に監護者の指定と子供の引渡しを求める審判を求めることが出来ます
ただし、審判が確定するまでには、ある程度時間がかかります。

そこで、子に差し迫った危険がある場合には、供の引き渡しを求める仮の処分を併せて求める必要があります。
仮の処分を求めた場合、裁判所はより迅速に審理を進めることになっています。

子供の引き渡しが認められるか否かは、

①従来の監護状況、親の監護能力
②子供との結びつきの程度
③子供への愛情の程度
④生活環境
⑤経済状態
⑥子供の年齢、発育状況

などの要素から判断されます。
 
小さい子供の場合、ある程度時間が経つと親の顔を忘れてしまったり、新しい環境に慣れてしまうことがあります。
また、好ましくない育てられ方をして取り返しのつかないことにもなりかねません。

子の引き渡しは、時間との戦いですので、すぐ弁護士に相談しましょう。

 

離婚と子供の問題についてはこちらから

無題0001.png離婚と子供の問題 無題0001.png親権 無題0001.png監護
無題0001.png面接交渉権 無題0001.png夫の元から子供を連れ戻したい  


 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット