年金分割

平成16年に成立した年金制度改革関連法で、年金を分割する制度が設けられました。
 
専業主婦が老後に受け取る年金は、国民年金の基礎年金だけです。
それに対して、夫は会社員や公務員のような給与所得者であり、基礎年金に加えて、厚生年金の報酬比例部分を受け取ることができるからです。

年金分割の制度

年金分割制度には、合意分割と3号分割があります。

合意分割とは、平成19年4月1日以降に離婚した場合において、当事者間の合意や裁判手続きにより分割割合を定めたときに、当事者の一方からの年金分割請求によって、婚姻期間中に納めた保険料の額に対応する厚生年金(共済年金)を当事者間で分割することができる制度です。
 
分割割合は、話し合いによって決めますが、最大2分の1までです。
当事者の合意により分割割合を決めた場合は、公正証書を作成する必要があります。

もし、話し合いで合意が得られない場合には、家庭裁判所で分割割合を決めることができます。
但し、離婚して2年を経過すると年金分割の請求はできませんので注意が必要です。

3号分割は、平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間(特定期間)について、離婚をした場合に、当事者の一方からの年金分割請求によって、第2号被保険者の厚生年金(共済年金)を2分の1に分割することができる制度です。
つまり、妻が専業主婦だった期間は、夫の厚生年金の保険納付実績を自動的に2分の1に分割できるようになりました。夫が要求しても2分の1より割合を下げることはできません。これも2年以内に請求しなければなりません。

年金の問題は生活設計に大きな影響を与える問題なので、十分に注意して下さい。

なお、社会保険庁のホームページで、年金加入記録の照会や年金見込み額の試算が無料で出来ますので、気になる方は調べてみてください。
正確な情報を知る為には年金基礎番号が必要ですので、なくしてしまわれた方は、社会保険事務所で再発行してもらった方がいいでしょう。

離婚とお金の問題

無題0001.png慰謝料 無題0001.png財産分与 無題0001.png養育費
無題0001.png年金分割 無題0001.png婚姻費用 無題0001.png支払の約束が守られない場合

 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット