和解離婚

和解離婚とは、離婚訴訟の途中で、当事者双方が離婚や離婚条件について合意に至り、成立する離婚のことです。

実務上、離婚裁判において、和解で離婚するケースは多いように思われます。
裁判中でもお互い話し合いで解決する意向がある場合には、裁判官が間に入って、お互いの意見を調整してくれます。

裁判所としても、夫婦の問題は、一方的に裁判所が判断するよりは、お互い話し合って決めるのが本来の姿であると考えているようです。


調停では、裁判官ではなく、調停委員が双方の意見を調整することが多いのですが、裁判においては、裁判官が、判決した場合の見通しなどを考慮した上で、意見の調整をしてくれます。
また、場合によっては、裁判官が、和解案を示してくれます。
ただし、納得いかない場合には、応じる必要はありません
和解内容が妥当か分からない場合には、弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

和解調書の効力と注意点

和解調書は、離婚訴訟の途中でも離婚の合意がなされた場合に作成されます。

和解調書には判決と同じ法的な効力があるため、記された養育費の取り決めや慰謝料の支払い、財産分与などの支払いが滞った時には、強制執行を行う事が出来ます。 

もちろん、和解調書に法的効力があるとはいえ、離婚届の提出は必要です。
申立人は和解離婚確定日を含め、10日以内に市区町村役場へ和解調書の謄本を添えて離婚届を提出しなければなりません

 

離婚問題解決の流れはこちらをご覧下さい

 

無題0001.png離婚問題解決の流れ 無題0001.png協議離婚 無題0001.png調停離婚
無題0001.png審判離婚 無題0001.png裁判離婚 無題0001.png和解離婚


 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット