審判離婚

審判離婚は、あと一歩のところで調停が成立しない場合に、家庭裁判所が調停委員の意見を聞いた上で、当事者双方の衡平を考えて、職権で審判を行い、離婚の判断を下します。

審判が下されるのは次のような場合です。


当事者双方が離婚に合意しているが、遠隔地居住、勤務上の都合、病気などの事情により調停成立時に出頭できない場合

 
離婚に合意した後、一方の気持ちが変わるまた当事者の行方が分からなくなった場合

調停において離婚することは双方合意したが、親権者や養育費あるいは財産分与などの取り決めについて合意できない場合 

当事者の双方または一方が感情的な理由により合意することに拒んでいるが、裁判所が判断を示してくれるのであれば、それに応じてもよいと考えている場合

審判離婚は、審判が下されてから2週間以内に当事者のどちらかから異議申し立てされると効力を失いますので注意が必要です。
 
実務上は、審判離婚が行われる場合は極めて稀で、通常は、調停が不成立になると離婚訴訟に移行し、判決や和解で離婚等の問題が解決されます。

 

離婚問題解決の流れはこちらをご覧下さい

 

無題0001.png離婚問題解決の流れ 無題0001.png協議離婚 無題0001.png調停離婚
無題0001.png審判離婚 無題0001.png裁判離婚 無題0001.png和解離婚


 

soudankochira.PNG

法律事務所リベロについて

無題0001.png 事務所紹介 無題0001.png 弁護士紹介 無題0001.png 料金について
無題0001.png アクセス 無題0001.png 当事務所に相談いただくメリット